Pictas
Pictas(ピクタス) > ウニ, 料理, 棘がチクチク, 棘皮動物, 海の生物, 食べ物, 高級食材 > 形は丸くて可愛いのにチクチクの棘が特徴!ウニの高画質な画像特集!

2017年12月01日更新

形は丸くて可愛いのにチクチクの棘が特徴!ウニの高画質な画像特集!

深海の海底から磯に至る世界中の海に生息し、約870種が確認されているウニ。多くの種が全身に棘を持っていますが、その中には毒があるものもいるとか。高級な食べ物である海の幸のウニ。ウニの種類と特徴、生態について画像でまとめてみました!
74 view

ウニの種類と特徴、生態を知る

深海の海底から磯に至る世界中の海に生息し、約870種が確認されているウニ。多くの種が全身に棘を持っていますが、その中には毒があるものもいるとか。高級な食べ物である海の幸のウニ。ウニの種類と特徴、生態について画像でまとめてみました!

日本のウニの消費
http://www.akauni.com/unitoha_2.htm

ウニは世界の中で日本が一番消費している国といわれている。日本人ほどウニ好きな民族は他にいないといわれているくらい。

国内で水揚げされるウニ
https://shokulove.jp/topics/ca03/s18/0217?id=22

国内で食用に水揚げされるウニは、バフンウニ、ムラサキウニ、エゾバフンウニ、キタムラサキウニなどが中心である。

日本の海に生息する食用ウニ
https://ryoko-club.com/food/sea-urchin-nutrition.html

日本の海に生息するウニのうち、食用となるのはエゾバフンウニ、キタムラサキウニ、バフンウニ、ムラサキウニ、アカウニ、シラヒゲウニの6種類。

ウニの食べる部分
http://kkknokerokichi.link/archives/690.html

私たちが食べてる部分は生殖巣と呼ばれる部分。ウニは雌雄異体なので、雌の場合は卵巣を、雄の場合は精巣を食べていることになる。

ウニの生殖巣
http://www.my-house.jp/blog/entry-76514/

ウニの生殖巣は葡萄の房のように小さな粒が集まった形をしている。生殖小嚢という組織の袋の中に直径0.1mの卵や精子が入っている。

性別で身の色が違うエゾバフンウニ
http://kankoukyoukai.jugem.jp/?eid=142

エゾバフンウニは成熟が進んだものは雄雌の判別が可能。雄は白っぽく、雌は赤みがかった色をしている。

ウニの体
http://uototo.sakura.ne.jp/brog/uni/

ウニは棘皮動物に属す、ヒトデやナマコの仲間。石灰質の骨板がピタリとくっつきあって造られた球状の固い殻を持ち、内部は体液で満たされ、消化管と生殖巣がある。

世界に約900種類が生息するウニ
https://matome.naver.jp/odai/2138346256573400701

ウニは世界に約900種類が生息していて、日本近海では約140種が知られている。ウニの種類が多いことにビックリ!

ウニの棲む場所
http://blog.goo.ne.jp/backroll-sld-watanabe/c/7af6c3bfd980ec15b789f40a2d4ed5e8/1

ウニは海底に棲んでいて中には砂泥に潜っているものもいる。これまで見つかった最も深い場所に生息していたウニは水深7340mで発見されている。

自分の身を守るウニの棘
https://www.kaseki7.com/items_fossil/ot/713.html

ウニの棘は身を守るためにあるが、歩いたり、体を固定するのにも使う。ウニの殻も棘も実は炭酸カルシウムで作られている。

ウニが大人になるまでかかる時間
http://www2.pref.iwate.jp/~hp5507/uni/uni/uni.htm

ウニは2年で産卵を始め、生殖活動できるようになるが、餌をたくさん与えて飼育すればその半年で大人になる。ウニの種類と環境によって要する時間は大きく異なる。

ウニの寿命
http://animalbattles.wealthyblogs.com/?p=8661

ウニの寿命は少し前まで15~30年といわれていたが、環境によって大きく変化することがわかり、200歳まで生きるといわれている。

歳をとっても変わらないウニの生殖能力
http://athena-minerva.net/doubutu/296/

ウニは100歳を超えても生殖機能は10歳のウニと、ほとんど変わらないことが分かっている。かなりの衝撃。

アカウニ
http://www.akauni.com/unitoha_3.htm

アカウニ。東京湾以南九州まで生息していてやや深い水深2~3m以上にいる。暖かい地域に多い。秋に旬を迎え、入荷量が少ないので高値。

アメリカオオムラサキウニ
https://ameblo.jp/uetaken/entry-11771129064.html

アメリカオオムラサキウニ。直径30cm、人間の顔よりも大きい巨大なウニ。カナダからアメリカの太平洋に生息している。

アメリカムラサキウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%83%8B

アメリカムラサキウニ。カナダからアメリカ太平洋岸に生息している。約10cm超程に成長する。20~70年程生きるのではないかと言われている。

イイジマフクロウニ
http://www.sea-fishes.com/seafishes/iijimafukurouni.html

イイジマフクロウニ。相模湾~九州の水深10~25mに生息している。棘に毒があり、刺されると激痛が走って痺れを伴う疼痛が起こる。

エゾバフンウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%90%E3%83%95%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%8B

エゾバフンウニ。潮間帯から水深50mの岩礁域、石などの周りに生息している。旬は春から秋だが、産地、漁期によりずれる。

キタムラサキウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%AD%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%83%8B

キタムラサキウニ。太平洋側では襟裳岬から相模湾まで、北海道日本海沿岸から対馬沿岸、サハリン南部から朝鮮半島まで生息している。

コシダカウニ
http://www.ha.shotoku.ac.jp/~kawa/KYO/SEIBUTSU/DOUBUTSU/musekitui/kyokuhi/okinawa/koshidaka/01.html

コシダカウニ。房総半島から西太平洋、インド洋の潮間帯~水深60mに生息している。大きさは3cmぐらいで手毬に似ている。バフンウニに似ているが甲高で丸いのが特徴。

サンショウウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%A6%E3%83%8B

サンショウウニ。東京湾、相模湾以南、朝鮮半島、中国大陸の潮間帯~潮下帯に生息している。ぴりっと刺激があり、食用にはなっていないウニ。

シラヒゲウニ
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=kasai&link_num=23186

シラヒゲウニ。紀伊半島以南、潮間帯やサンゴ礁に生息している。旬は夏。九州以南、沖縄などで食べられているウニ。

チリウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%81%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%8B

チリウニ。チリ南部に生息している。日本国内でも安いウニといえば本種のことで、回転寿司などでよく使われている。

ツガルウニ
http://www.shigelamen.com/umi/umi2/tugaruuni.htm

ツガルウニ。銚子以北の太平洋、北海道に生息している。ほとんど食用として知られていない。少ないながらも関東にも入荷してくる。ウニとしては非常に安い。

ツマジロナガウニ
http://www.ha.shotoku.ac.jp/~kawa/KYO/SEIBUTSU/DOUBUTSU/musekitui/kyokuhi/okinawa/tsumajiro/38.html

ツマジロナガウニ。房総半島~九州の潮間帯から潮下帯に生息している。殻が楕円形で棘の先が白いことが名前の由来。

ノコギリウニ
http://www.env.go.jp/nature/nco/kinki/kushimoto/JP/biodiversity4/biodiversity4_30.html

ノコギリウニ。沖合の岩礁周りに生息していて稀に砂混じりの岩場にいることもある。棘の根元がギザギザして鋸のようになっているのが名前の由来。

バフンウニ
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%83%95%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%8B

バフンウニ。北海道南端以南、本州、九州に生息している。日本海に多い小型のウニ。一般的に流通することは非常に稀。産地周辺で取引され高値。

フシザオウニ
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%95%E3%82%B7%E3%82%B6%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%8B

フシザオウニ。紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋、潮間帯~水深30mに生息している。節のある竿のような太い棘が特徴。転石下や岩の隙間などで見られる。

ホクヨウオオバフンウニ
http://wandaba2.fuyu.gs/kaikyo/1e_tank/comment/1e04_hokuyou.htm

ホクヨウオオバフンウニ。大西洋、アメリカ大陸、ヨーロッパに生息している。カナダなどから輸入されてくるウニ。大振りだが質が悪く安い。

ムラサキウニ
http://featherstars.blog.jp/archives/11414858.html

ムラサキウニ。茨城県以南、秋田県以南の太平洋、日本海側、台湾、中国東南部沿岸に生息している。産地が少なく、全国的には流通していない。

ヨーロッパムラサキウニ
http://armacao.exblog.jp/tags/Paracentrotus%20lividus/

ヨーロッパムラサキウニ。イギリスヨーロッパ沿岸、地中海に生息している。地中海で最も普通に見られる食用ウニ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

綺麗な瞳が魅力的なJELLY専属モデル武田あやなの高画質なインスタ画像まとめ

2014年にファッション雑誌「Ranzuki」でモデルデビューを果たし、専属モデルとなった武田あやな。2016年にはなぎさデジナーレが選ぶ初代なぎさイメージガールに選ばれ、ファッション雑誌「JELLY」の専属モデルとなった。そんな武田あやなの高画質なインスタ画像を集めました!

デビュー当時から変わらす可愛い浜田翔子の高画質なインスタ画像まとめ

2002年にスカウトされ芸能界入りした浜田翔子。2003年には中川翔子と共にレギュラー番組を務めW翔子として人気を集めた。2015年にはアイドルグループ「gra-DOLL」に参加し幅広く活躍している。そんな浜田翔子の高画質なインスタ画像を集めました!

【画像30枚】元SDN48メンバー芹那の可愛い画像高画質まとめ!!

元SDN48のメンバー、2013年ごろには毎日のようにテレビに出演されていました!!今はなかなか見ないですね。干されているとかいろんな噂が、、、そんな彼女の私的に好きな画像高画質で集めました!ファンの方々必見ですよ!!

【画像30枚】橋本愛の可愛い画像高画質まとめ!!

ファッションモデル橋本愛!!いろんな映画やテレビドラマ、CMに出演しており、貞子役で一躍有名に!!かわいらしい彼女の写真高画質で集めました!!ファンの方がたもそうでない方々も必見ですよ!!

【画像30枚】ダイヤのA高画質壁紙集!!

大人気野球漫画ダイヤのa!!2006年に少年週刊マガジンに連載を開始!!まだまだ続いております。甲子園への出場と全国制覇を目指すピッチャーの主人公の成長を描いた漫画です。壁紙画像高画質で集めました!お好きな方ぜひ見に行ってください。

新着まとめ

最新の記事をご紹介!

アクセスランキング

人気のまとめ記事

関連する特集

新着のグルメ特集

スポンサー広告