Pictas
Pictas(ピクタス) > 旅行の際に見逃したくない!お洒落なイタリアの建造物の高画質な画像まとめ!

2017年10月01日更新

旅行の際に見逃したくない!お洒落なイタリアの建造物の高画質な画像まとめ!

日本の趣のある建造物とはまた違うお洒落な建造物が多くあるイタリア。 映画でご存知の方も多く「アドリア海の女王」「水の都」と言う別名を持つヴェネツィアを始め、地震大国日本とは違い、古くからの建造物も含めお洒落な建造物の画像をまとめました! 今後旅行の予定のある方も、予定が無い方も必見ですよ!
54 view

一度は生で見てみたい!お洒落な国イタリアの高画質な建造物の画像まとめ!

イタリアヴェネツィアの夕方
http://www.60me.com/PSV/Natural/list_20_3.html#.WcyrtGi0OUk

先ずは先程ご紹介させて頂いたイタリアヴェネツィアの夕方の風景と建造物です。
北海道の小樽運河に近い雰囲気がありますが、建造物が非常にお洒落ですね。

イタリアヴェネツィアのお昼
http://honeylemonspice.com/venezia-1/

続きましてお昼のイタリアヴェネツィアの風景と建造物です。
日本では先ずお目にかかれない光景と建造物ですね、暖色が主軸の建造物が非常にお洒落です。

コロッセオ外観
http://www.moshtravel.com/10-most-beautiful-places-rome/

こちらは兵どもが夢の跡イタリアコロッセオです。
嘗て剣闘士がここで戦っていたと考えるとそれだけでロマンを感じますね。

コロッセオ内部
http://www.ipernity.com/doc/castelobranco/1791686

こちらがイタリアコロッセオの内部です。
時間経過による風化により良い哀愁が感じられます。

ピサの斜塔
https://blogs.yahoo.co.jp/haru1999323/4009246.html

有名なので知られている方も多いイタリアのピサの斜塔です。
色々な経緯がありこの傾いた状態で保っているのは一つの奇跡を感じますね。

ミラノのドゥオーモ外観
http://yuuma7.com/%E5%B0%96%E5%A1%94%E3%81%AE%E5%85%88%E3%81%8C%E7%A9%BA%E3%82%92%E5%88%BA%E3%81%97%E3%80%81%E8%81%96%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%BD%AB%E5%83%8F%E3%81%8C%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E8%A6%8B%E4%B8%8B/

イタリアの大聖堂であるミラノのドゥオーモです。
外観だけでも日本の神社などとはまた違う神々しさがありますね。

ミラノのドゥオーモ内部
http://www.travelerscafe.jpn.org/italy/image002.htm

こちらがイタリア大聖堂のドゥオーモの内部になります。
内部ですと畏怖すら感じられる神々しさが画像からも伝わってきます。

アマルフィ海岸
https://dlift.jp/photo/photoDisplayWorldHeritage361

イタリア南部のソレント半島南岸にあるアマルフィ海岸です。
お洒落な建造物と風景が合わせり、絶景ですね。

トレヴィの泉
http://free.gatag.net/tag/trevi-fountain

映画でも登場した「トレビの泉」「トレドの泉」などとも呼ばれるトレヴィの泉です。
バロック時代の人工の噴水だそうで、現在でも色褪せる事無く輝きを放っております。

フォロ・ロマーノ
http://www.moshtravel.com/10-most-beautiful-places-rome/

イタリアローマにある古代ローマの遺跡、フォロ・ロマーノです。
西ローマ帝国滅亡後に埋もれてしまったらしく、栄枯盛衰を感じますね。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(外観)
https://worldheritagesite.xyz/contents/cathedral-of-saint-mary-of-the-flower/

教会名が「花の聖母マリア」の意であるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。
地元函館にも教会がありましたが、やはり本場の教会は違いますね。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(内部)
https://huuhu-de-to.com/florence-duomo

こちらが内部の壁画になります。
やはり日本の神社やお寺とは違う神秘性があり、独特の雰囲気があります。

ドゥカーレ宮殿(外観)
https://zh.wikipedia.org/wiki/File:Photograph_of_of_the_Doges_Palace_in_Venice.jpg

こちらは嘗てヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁であった建造物のドゥカーレ宮殿です。
改修され現在の形になっておりますが、8世紀に建造された事もあり、趣が違いますね。

ドゥカーレ宮殿(内部)
https://worldheritagesite.xyz/contents/palazzo-ducale/

こちらはドゥカーレ宮殿内部にあるライオンの口です。
密告書の投函口だっただけであって禍々しいですね。

パンテオン(外観)
https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g187791-d197714-i273133180-Pantheon-Rome_Lazio.html

イタリアローマ市内のマルス広場に建てられた神殿、パンテオンです。
様々なローマ神が奉られたとあって、何か違う雰囲気を感じます。

パンテオン(内部)
http://aprireweb.com/roma/pantheon

こちらが内部になります。
本当にローマ神はここに居たのでしょうか、それだけでわくわくしますね。

ジョットの鐘楼
http://yometoryokou.com/giotto-shourou

ゴシック様式の鐘楼であるジョットの鐘楼です。
赤、白、緑の大理石で作られているそうで、そのチョイスだけでお洒落ですね。

ウッフィーツィ美術館(外観)
http://ahoad.blogspot.jp/2010/08/

イタリアのフィレンツェにあるウッフィーツィ美術館です。
美術館との事ですが、この建造物自体が一つの美術的な作品ですね。

ウッフィーツィ美術館(内部)
http://blog.goo.ne.jp/kanzawa69/e/f8eb85a908cd229d075b2c93ddd32ada

こちらが内部となっております、天井がとても煌びやかです。
また、イタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものを取り扱っているそうです。

サン・マルコ寺院(外観)
https://worldheritagesite.xyz/contents/san-marco/

イタリアのヴェネト州の州都ヴェネツィアで最も有名な大聖堂サン・マルコ寺院です。
記念建築物だけあってイタリアの建造物のお洒落な部分の良いところ取りに感じますね。

サン・マルコ寺院(内部)
http://aprireweb.com/venezia

黄金に輝く天井!壁!こちらが内部となっております。
単に高価な装飾品で飾るだけではなく、建造された方のセンスを感じます。

コンスタンティヌスの凱旋門
http://www.mesogeia.net/italia/romaantica/constantinearch.html

1960年のローマオリンピックのマラソンのゴールにもなった、コンスタンティヌスの凱旋門です。
ミルウィウス橋の戦いでの勝利の証と言う事もあり、威厳が違いますね。

スフォルツェスコ城
http://www.amomilano.com/castello_sforzesco.html

レオナルド・ダ・ヴィンチが未完成の壁画を残しているスフォルツェスコ城です。
日本のお城との違いが明確にありますね。

カステル・デル・モンテ
http://visitaly.jp/unesco/castel-del-monte

独創的な八角形構造のお城、世界遺産にもなっているカステル・デル・モンテです。
北海道の五稜郭もそうですが、争いに使用する建造物がお洒落というのは不思議ですね。

ローマ・テルミニ駅
http://japan-info.asia/world/best-spot/7012/

こちらはイタリアローマの玄関口でもあるローマ・テルミニ駅です。
まるで日本のお洒落なブティックのようです。

スクロヴェーニ礼拝堂
http://www.aritearu.com/Influence/Francis/PhotoAssisi/Giotto.html

続きまして受胎告知と聖母マリアの慈愛に捧げられいるスクロヴェーニ礼拝堂です。
フレスコ絵画もあり、聖母マリアの加護を受けている錯覚に陥ります。

ヴェッキオ宮殿(外観)
https://www.howtravel.com/europe/italy/florence/flo-sightseeing/flo-building/palazzo-vecchio/

イタリアのフィレンツェにあるヴェッキオ宮殿です。
外観がイタリア特有のセンスがあると共に、実はとある壁画がヴァザーリの壁画裏に隠されているそうです。

500人大広間
https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g187895-d195010-i112081966-Palazzo_Vecchio-Florence_Tuscany.html

こちらが内部の500人大広間です。
かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ幻の壁画「アンギアーリの戦い」が裏側に隠されているそうです、浪漫を感じませんか?

パドゥーラ修道院
https://matome.naver.jp/odai/2140099450885350801/2140099885988261403

「サン・ロレンツォ修道院」とも知られる、パドゥーラ修道院です。
修道院はイタリアで2番目の大きさともあり、偉大な印象を受けますね。

ナポリ(王宮)
http://blog.goo.ne.jp/yamaguti_1937/e/fbc40228d5bfde153d5c6b2d1872fc17

いよいよ最後です、イタリアナポリにある王宮です。
ナポリ王国の歴代の王の像が飾られているそうで、歴史を感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

格好良くて華麗なのに悪魔で執事!?セバスチャン・ミカエリスの高画質画像を集めてみました!

完璧に主人をサポートし、あくまで執事を貫く漆黒の執事といえばセバスチャン・ミカエリスですよね!そんな格好良くて華麗なのに悪魔で執事!?セバスチャン・ミカエリスの高画質画像を集めてみました!

黒執事の華麗なる一族ファントムハイヴ家当主、シエル・ファントムハイヴの高画質画像を集めてみました!

漆黒の執事を引き連れて帰ってきたファントムハイヴ家の当主、シエル・ファントムハイヴ!そんな黒執事の華麗なる一族ファントムハイヴ家当主、シエル・ファントムハイヴの高画質画像を集めてみました!

サバゲ―姿からセクシーショットなど!水崎綾女の高画質な画像まとめ!

平成生まれのFカップこと女優水崎綾女さん。グラビアデビュー後バラエティー番組などで引っ張りだこ。現在は女優として活躍しているの水崎綾女さんのサバゲ―姿やセクシーな姿など高画質な画像をお届けします!

輝かしいグラビア時代!優木まおみの水着姿を高画質な画像でまとめました!

グラビアアイドルとして大活躍した優木まおみ。写真集も沢山出ており、その中から厳選された彼女のグラビア写真を大公開!グラビア時代からのファンの方も、テレビ番組で彼女を見て好きになった方も必見の画像まとめです!

デビュー当時から変わらず可愛いくて綺麗な市川由衣のインスタ高画質な画像まとめ

読者モデルとして活動し、その後2000年からグラビアアイドルとして活動を開始した市川由衣。2002年には初舞台を踏み、2003年には人気ホラー映画「呪怨」で映画デビューを果たす。そんな市川由衣の高画質なインスタ画像を集めました!

新着まとめ

最新の記事をご紹介!

アクセスランキング

人気のまとめ記事

関連する特集

新着の特集

スポンサー広告